Cut

AERI

Trouble

「カットについてこんなお悩みありませんか?」

Trouble

サロンでヘアカットをしてもらったけれど、自分に似合ってない…このような悩みを抱えている人もいるでしょう。ヘアカットが似合わない理由は主に以下の2つがあります。

1ヘアカットの担当者の技術力が低い

サロンでヘアカットを依頼したときに、担当者の技術が不十分だと、理想のヘアスタイルの実現が難しくなります。ヘアスタイルはその人の印象を決めるので、信頼できる担当者に依頼することが大切です。

2自分の顔の形に合ったヘアカットを選んでない

自分のなりたい髪型と似合う髪型は、必ずしも一致するわけではありません。希望のヘアカットを叶えても、自分の顔の形に合ってないと、違和感のある印象になることがあります。

Looks good

「あなたに似合うカットスタイルは?」

Looks good

心から満足できるヘアスタイルになるために必要なのは、まずは自分が似合いやすい髪型を知ることです。
顔の骨格ごとに似合うヘアスタイルの特徴は以下になりますので、参考にしてみてください。

「丸顔」

「丸顔」

かわいらしい印象のある丸顔の方は、顔が丸く見えたり、年齢より幼く見えてしまったりすることも。ショートヘアならバングをつけたり、ミディアムやロングならサイドの髪にゆるやかなウェーブをつけたりすると、引き締まった印象のヘアスタイルに。ストレートヘアがお好みの方は、サイドの髪で縦ラインを強調するのもよいでしょう。

「面長」

「面長」

大人っぽい印象の顔立ちなのが面長の方です。人によっては、顔が間延びしたように見えたり、年齢よりも年上に見られたりしてしまうことも。面長の弱点をカバーするのにおすすめなのが、重めのバングにすることです。額の長さを隠すことで、すっきりした印象にな。サイドの髪にボリュームを出して、縦ラインを控えめにするのもよいでしょう。

「逆三角型」

「逆三角型」

顔が小さく見えるメリットがある逆三角型。あご周りのシャープさが目立ってコンプレックスを感じることも。ショートなら丸いフォルムにして柔らかさを演出するのがおすすめ。ミディアムやロングは、サイドの髪にゆるやかなウェーブを出したり、動きを出したりすることで、細い顎が目立ちにくくなります。

「ベース型 」

「ベース型 」

エラが張っており、顔のハチ周りが広いベース型は、顔が大きく見えて悩みがち。髪型と顔のバランスをマッチするには、フェイスラインを隠すヘアカットが適しています。サイドの髪にゆるやかなカールを出すのがよいでしょう。ショートやロングでも、トップにボリュームを出すと目線を外せるのでおすすめです。

Timing

「ヘアスタイル別!カットに行くベストなタイミング」

Timing

ヘアカットで悩んでいる人の中には、どのくらいの頻度でサロンへ行けばよいのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか?サロンで理想のヘアカットに仕上げてもらっても、月日の経過とともにシルエットが崩れてしまいます。髪の毛が伸びる程度は個人差がありますが、1か月1~1.5㎝ほど。数か月も経てば、ヘアスタイルは崩れやすくなります。
ヘアカットでおすすめの頻度は、ショートやミディアムヘアなら2か月おき、ロングなら3~4か月おきにサロンへ行くとよいでしょう。当サロンでは、月日が経ってもキレイなシルエットが保てるように工夫しています。月日が経つと、毛先のダメージが目立つようになるため、やはり定期的にご来院をおすすめします。

Realize

「当サロンなら必ずあなたの喜ぶ髪型を実現いたします」

サロンの基本メニューであるヘアカットですが、サロン難民の人も少なくありません。実際に、ヘアスタイルで悩んでいる人の中には、「信頼できるヘアサロンや担当者を見つからない」人も多いでしょう。サロンによっては、要望通りのヘアカットを実現できないところもあり、不信感を抱いてしまうことも。

堺市・三国ヶ丘近くの美容サロン「アエリ」ではお客様のご要望を伺ったうえで、本当に似合う髪型を提案しながらヘアカットを行います。それぞれが持つ顔の骨格や髪質を生かしながら、お客様が持つ美しさのサポートをいたします。なりたい髪型のイメージがありましたら、ぜひ気軽にご相談ください。アエリのヘアカットで、あなたの美しさをさらに磨きましょう。

Realize